内科専門医研修プログラム説明会のお知らせ

当院臨床研修センターでは、説明会を随時開催しています。
プログラムに興味のある方はご連絡ください。

連絡先

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
臨床研修センター(電話 045-366-1111[内線 2030])

Mail:seibu-soumuka@marianna-u.ac.jp[件名に“後期研修”と記載してください。]

プログラム概要

募集定員

8名

応募資格

平成31年3月末で初期臨床研修修了見込みの者、または医師免許取得後2年間初期臨床研修を修了した者。

応募期間・試験日程

10 月中旬頃(決まり次第、当院ホームページに掲載します。)

選考方法

書類審査、面接、小論文

待遇等

任期付助教[大学院生を除く]

本給 年度概算額
1年目 200,000円 3,741,600円
2年目 210,000円 4,404,000円
3年目 220,000円 4,524,000円
4年目 230,000円 4,644,000円

※年度概算額は、本給、賞与、宿日直手当(月4回)を含めて計算しています。
また週1回の外勤先からの給与は含みません。
その他手当(住宅手当、家族手当、通勤手当、宿日直手当)
賞与 年2回
社会保険 健康保険・年金(日本私立学校振興・共済事業団)、雇用保険、労災保険

連携施設

聖マリアンナ医科大学病院、川崎市立多摩病院、聖マリアンナ医科大学東横病院、横浜旭中央総合病院、聖隷横浜病院

特別連携施設

聖ヨゼフ病院、左近山診療所、オカダ外科医院、佐川町立高北国民健康保険病院、静岡医療センター

※本プログラムではsubspecialty科および関連科での研修を主とした内科subspecialty重点コース、1年次より大学院に入学し大学院在学中に学位取得と専門医取得を目指す大学院並行コースを準備しています。

1)専攻医1年~2年次:内科各科に加えて救命救急センターで研修します。JMECC受講。当直を行います。希望するsubspecialty科での研修も可能です。2年間のローテーションは順不同で指導医との相談の上決定します。
2)専攻医2年次:45疾患群以上を経験し登録。指導医とともに外来実習1回/週。当直を行います。十分な症例が経験できるよう、研修科・期間指導医と相談して決定します。
3)専攻医3年次:希望する症例subspecialtyを重点的に本学本院あるいは連携施設で研修。当直を行います。大学院進学も可能です。
4)3年間の研修について:連携施設での研修期間が原則1年以上になるように選択します。subspecialty科として聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、および連携施設である聖マリアンナ医科大学病院、川崎市立多摩病院・東横病院において、消化器、循環器、内分泌・代謝、腎臓、呼吸器、血液、神経、アレルギー・膠原病・リウマチの研修を行います。また、基幹施設では経験しにくい地域医療の実際については特に訪問診療(近隣の診療施設と連携)研修を推奨します。高知県高北病院では僻地医療に貢献する重要性について学ぶことができます。

〈診療科の選択方法について〉
 1診療科のみの選択は不可です。
 大学院はいずれの年度からでも入学は可能です。
 基幹施設(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院)、連携施設(聖マリアンナ医科大学法人以外の連携施設)での研修期間の合計はそれぞれ合計1年以上となります。