先輩医師からのメッセージ

幅広い研修のチャンスに恵まれています

西部病院は、500床規模を誇り、ほぼすべての診療科が揃う地域の中核医療機関です。一方で大学病院「分院」であるが故に小回りが利き、診療科間の風通しも良く、指導医やスタッフの皆様からも、「○○科の研修医」ではなく「西部病院の研修医」という風に認識され、熱意次第では、幅広い研修のチャンスに恵まれています。
病棟は混合病棟であり、1つの診療料をローテートしていても、他科の患者さんに触れる機会も多く、研修・経験の幅が広がります。多くの研修医の先生方が気にする、いわゆる手技の機会も、同じ病棟であれば、他科の先生から「やってみる?教えてあげるからさ」などのお声がかかる事もしばしばです。指導医の先生方は、本学に於ける精鋭部隊の先生方であり、その多忙な背中から、医師としての姿勢やマネージメントのあり方を学ぶ事ができます。また、同一診療科に同学年の研修医が重複することは少なく、診療に対する責任感も培われます。
当院は3次救命救急センターが併設されており、早期から高度救急医療に携わる機会にも恵まれています。少人数での当直で、自ずと研修医に求められるレベルも高いものがありますが、教育的な指導医に恵まれた環境の下、豊富な症例を経験し、熱意ある指導を受けることができます。
西部病院は、研修医が病床数に比して少ないことから、日々の生活はやや忙しいと感じる場面もあるかもしれません。しかし、医師としてのスタートダッシュを切りたいと考えている方には、その分、得るものも大きい環境です。
ぜひ、西部病院での研修を選択肢に入れてみてください。