先輩医師からのメッセージ

fuji2018

西部病院での研修を終えるにあたって

研修医1年目の4月、国家試験の知識しかない研修医の私に、西部病院はまさに総力を上げて教育に取り組んでくれました。指導医の先生による手取り足取りの指導に始まり、看護師さん、薬剤師さん、リハビリの先生…自分以外の職員が全て先輩であり、その先輩方がそれぞれの分野で研修医の教育を担ってくださいました。

2年目になると、自ら考え少しずつ実践できるようになります。西部病院にはその変化を見ていてくださっている方があちこちにいて、時々「先生、成長しましたね」と声を掛けてくださったりします。このように、西部病院では研修医を常に誰かが見守っていて、職種を問わず親しみをもって接してくださり、機会があれば指導や励ましの声を掛けてもらえる点が魅力だと思います。

このように温かい雰囲気の西部病院ですが、もし貪欲に学びたい意志があれば自分から臨床研修センターに学習の機会を申請することもできます。例えば本年度は、2年目研修から1年目研修医へのレクチャー、超音波検査室での実習をさせていただきましたが、非常に勉強になりました。

西部病院での研修プログラムで気づいた点を1点だけ挙げるとしたら、初診患者さんを一人で診察する経験が少ないことです。診療科によっては初診外来患者さんの問診を担当したり、夜間当直でウォークイン患者さんを診察したりすることはありますが、数は多くありません。自分が担当医としてブースに入り、問診、診察、検査を行い、結果を評価してから上級医にコンサルトする機会をより多く持てればと思いました。

西部病院での研修では、与えられたトレーニングシステムに乗って何となく研修を終えるのではなく、自分で自らトレーニングする機会を創造することを求められていたように思います。私には到達できなかったレベルですが、ぜひ来年度の研修医の先生方には西部病院の柔軟性を更に活用していただき、より良い研修をされることを期待しています。

sshh_DSC10670