先輩医師からのメッセージ

iijima

初期臨床研修を終えて

令和2年3月、初期臨床研修医としての2年間を修了しました。初期臨床研修先の病院を選ぶため、いくつか病院見学へ行ったこともありましたが「マリアンナに残れば毎日同窓会で楽しそう」「西部病院での臨床実習が和気藹々としていてなんとなく楽しそうだった」という極めて漠然とした理由で横浜市西部病院を選択しました。今となっては不誠実な病院の選び方であったと反省していますが、幸運にも当時の適当な選択は正解でした。横浜市西部病院は当初の印象通り、実に居心地の良い病院でした。事務の方々は親身に我々の日常生活の世話をしてくださり、コメディカルの方々は診療の足手纏いでしかない研修医にも大変親切に接してくださいました。この点は、西部病院で特に突出した良い点であると思います。

 
同時に、指導医にも恵まれました。横浜市西部病院は採用している研修医が少なく、各科に配属される研修医は基本的に1科に1人配属ですので、手技・手術の経験も多く積むことができました。近年流行しているパワハラもほとんど無く、各科で質の良い指導を受けることができたと思います。

 
今年度から聖マリアンナ医科大学の腎臓・高血圧内科へ入局し、某市立病院の内科に出向しています。当直や救急当番では、様々な主訴に対応しなければなりません。ここで研修医時代の経験が大変役に立っていると実感していますが、指導医が常に傍にいてくれた研修医時代と異なり、全てを自身で決断し、指示を出さなければならず、日々不安を感じ、怯えながら診療を行っています。

 
現在感じているのは「もっと勉強しておけば良かった」という後悔です。横浜市西部病院は、初期臨床研修医として働くには申し分ない環境が用意されていますが、環境に甘んじず自身に足りないものを獲得しようとする能力こそが常に大事なんだろうと思います。今後は努力を怠らないよう精進します。
最後に、横浜市西部病院の皆様、2年間ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

sub003

sub003