協力型臨床研修病院

聖マリアンナ医科大学病院

当院は病床数1208 床を有する特定機能病院であり、1〜2次救急に対応する夜間急患センターと3次救急に対応する救命救急センター、そして総合周産期母子医療センターを有する川崎市北部保健医療圏の中核病院です。同医療圏における災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院にも指定されており、地域での連携協力体制や社会保障制度等も研修することが可能です。
また、夜間急患センターでは研修医が指導医のもと、初療医として診療を経験することができます。大学病院ではcommon disease から専門性の高い疾患、1〜3次までの救急疾患を幅広く研修することが可能です。

daigakumain1

川崎市立多摩病院

川崎市3 つ目の市立病院として、聖マリアンナ医科大学が管理運営を行う病院です。川崎市北部医療圏の地域医療支援病院として地域医療・福祉施設と連携を図り、プライマリケア中心の医療を実践。安心・安全な医療を提供しています。救急災害医療センター外来では一次・二次救急を年間通じて研修ができます。検査技能実践コースでは、研修医の研修到達目標にあげられた検査手技を学び、モーニングレクチャーでは幅広い基礎的な知識を習得できます。指導医ワークショップ同等の知識・技術を有した担当者を認定し360 度評価を実践しています。また年ごとに全体の振り返りを行い、その成果や考察を院内発表会で発表することにより自分の長所・短所を省察できます。

tamagaikan1

聖マリアンナ医科大学東横病院

東横病院では、消化器病センター、心臓病センター、脳卒中センターを創設し、人間の三大死因であるがん、心臓病、脳卒中を中心に専門的な検査・診療を行っております。
また、女性臓器の疾患を対象に検診を行う女性検診科も併設し、それぞれのセンターにおいて臓器に特化した高度な医療を提供しています。救急災害医療センター外来で一次・二次救急を年間を通じて研修できる脳卒中センター、消化器病センターなど専門性に特化しており、専門医やsubspeciality を目指す後期研修を見据えての研修を行えます。各センターともに専門性に特化した低侵襲治療を実践しており、地域医療はもちろん、高度な技術の習得も可能です。

toyokogaikan1

東名厚木病院

地域の中核病院として急性期医療を担っています。厚木市の救急搬送の半数以上を受けもち、年間4000台以上の救急車を受け入れています。プライマリーケアを修得するには充分の量と質、指導体制を整えています。

atsugimain1

横浜旭中央総合病院

病床数515床・標榜科29科で構成され、2次救急指定病院として月平均600台の救急車を受け入れております。
豊富な症例・手技を経験でき、急性期・回復期・慢性期を備え一貫した医療を学べます。

asahi

聖隷横浜病院

300床の2次救急病院(昨年度実績5,249件)です。
横浜駅周辺は高齢者が多く、高齢者中心の医療を行っており、一般症例が豊富です。
市民病院、市立大学付属病院から地域包括病棟での受け入れも行っています。
横浜駅から近いため、診療後、診療科の先生達をはじめ、看護、医療技術の方たちと野毛、横浜、桜木町で楽しいひと時を過ごすことも多いです。
新外来棟2019年完成予定。

seirei

国際親善総合病院

地域の基幹病院としてcommon diseaseを多く経験できることが特徴です。初期研修のうちから、一般的な愁訴・疾患に対しそれぞれの初期診断・初期対応を行う機会に恵まれております。

kokusaisinzen

戸塚共立第1病院

「寄り添う医療を提供する」地域密着型の医療を目標に掲げ、急性期医療から在宅医療までのトータルヘルスケアを展開しています。少人数の環境で、実践的な学びが可能です。

totsuka