初期臨床研修の特徴

tokumain44

当院は、「よこはま21世紀プラン」の一環として聖マリアンナ医科大学が建設した大学付属病院です。
横浜市西部地区の地域中核病院として、地域住民の健康保持と疾病予防に貢献するとともに、
大学病院のもつ高度な専門的医療を提供する総合的な医療機関としての役割を果たすことを目的としています。

特徴1

横浜市西部地区の地域中核病院(518床)であり、日常診療において遭遇する頻度の高い疾患のみならず、各診療科(24科)において、充実した臨床研修指導医のもと専門的かつ高度な医療をバランスよく研修します。

too001

特徴2

開院時から開設された救命救急センターでは、救命のためのfirst aid measures から集中治療も含めた3次救急医療までを経験できます。

t91

特徴3

1年目は、内科を中心とした総合診療を目指した研修プログラムに加えて、手技・処置を体得するため救命救急センターと麻酔科を必須プログラムとしています。

ma1

特徴4

2年目は、自由選択の研修プログラムであり、聖マリアンナ医科大学病院臨床研修病院群も含めた研修も選択できます。いわゆるマイナー診療科などをキャリアデザインに合わせて選択も可能です。

t90

特徴5

1年目の当直は、ローテーションの診療科ではなく、救命救急センターで当直を通じて、救命救急の臨床の場で必要とされている自分を実感できます。

t001

特徴6

月に2回、各診療科による持ち回り制のセミナーを開催。活発な議論を行う場として、先輩医師や同僚とのコミュニケーションの重要性を学べます。

co44

特徴7

西部病院地域連携ネットワーク(M-net)を通じて、各診療科が一丸となって地域住民のアメニティーライフを演出し、地域密着型病院の必要性を体感できます。

co01

特徴8

アットホームな雰囲気で、全職員が臨床研修医を支援する体制が整っており、
充実した研修生活を送れます。

009900